東京で外国人にひたすら話しかける男
英語が達者なわけでもなく、他の外国語が話せるわけでもない。「日本語の使い方が間違っている」と言われることもしばしば、、そんな男が毎日渋谷に立って外国人に話しかけまくって1年以上。
 ▼--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ▼2006/05/26 03:06
5月22日の渋谷の外国人
この日にゲットした外国人は2件だった。
いきなり最初に話かけた外国人からインパクトありすぎだった。
見た目は欧米系の背の高い外国人だった。
いつも通り英語で話しかけたらめっちゃ流暢な日本語で返事が返ってきた。
話を聞くと彼は日本生まれ、日本育ちらしい。
仕事は英語教育のテレビやラジオに出演しているとのことだった。
セイン(外国人タレント)並に日本語がぺらぺらだった。
早速連絡先を聞き出し、また逢う約束をして別れた。

その後は彼女と待ち合わせをしているアメリカ人の男性に話かけた。
話をして2,3分したところで彼女が来てしまったので番号だけ聞き出してすぐ別れた。

そんな1日だった。
ゲットできた件数はお粗末だったが、いい人物と知り合いになれたのでよしとしよう!!



スポンサーサイト



 ▼2006/05/24 08:34
5月21日の渋谷の外国人
雨の日曜にもかかわらず渋谷は人で埋め尽くされていた。
この日は2件の連絡先をゲットした。
1人は黒人のカナダ人でもう一人は白人のオーストラリア人だった。
雨だとやはりゲット率が下がり、僕のテンションも下がる。




 ▼2006/05/19 01:24
5月18日 木曜の渋谷の外国人
渋谷は本当に外国人が多い。
都内で外国人が多い場所は六本木と広尾と渋谷が群を抜いてトップだろう。

場所によって外国人のタイプが違うが、渋谷は特に関東全域から集まってくるので話かける外国人によって住んでいる場所は様々だ。

今日は5件の連絡先をゲットした。
ニュージーランド人、オーストラリア人、ドイツ人、ターキー人、アメリカ人の5人だった。

中でも印象に残ったのはターキー人の男性だ。
1年以上もこの活動をしているが、ターキーという国の人に出会うのは初めてだった。
英語で会話をしていのだが母国語はターキー語といっていた。
イスタンブール地方の国らしい。
彼は日本語を勉強しているらしく、少しの日本語なら話せていた。
感じのよい彼とはまた逢う約束をして別れた。




 ▼2006/05/19 00:59
5月17日の渋谷の外国人
雨が一日中降っていた。
3件の外国人の連絡先をゲットした。
カナダ人の男性2人と国籍不明の男性の3人だった。
カナダ人の男性2人は英語の教師をしているとのことだった。
国籍不明の外国人については、話をしている時間がなく連絡先だけ聞き出したパターンだった。

やはり雨の日はゲット率が悪かった。



 ▼2006/05/16 00:26
5月15日 週明けの渋谷の外国人
今日は久しぶりに晴れの天気だった。
平日の外国人率は常に平均している気がする。
今日ゲットした外国人は4件だった。
pm5:00半ごろから渋谷に立って1件目をゲットできたのはpm7:00近くだった。
大体平均して外国人が渋谷に一番多くいる時間帯はpm5:00~8:00というデータの下で、活動しているのだが今日はpm8:00を過ぎた時点でたったの2件だったので残業をしてなんとか4件まで伸ばすことができた。







 ▼2006/05/15 03:25
5月14日 母の日の渋谷の外国人
祝日ということもあっていつもより渋谷にいる外国人が多かった。
この日は4件の外国人のメールアドレスをゲットした。
ポーランド人の学生、フランス人の語学教師、ニュージーランドの語学教師、スウェーデンの学生の4名だった。

途中でアメリカ人の友達と偶然合ったり、オーストラリア人の友達の携帯電話の機種変更に付き合ったりもした。

アメリカ人の友達の名前はフランク。
彼との出会いは、やはり渋谷で声をかけたのがきっかけだった。
当時、カラーズはまだ有限会社ではなくただの団体として活動している頃だった。
フランクは僕らの活動にすごく興味を持ったみたいで、彼自身も日本で会社を興そうと思っていたらしい。
僕らは意気投合し、会う機会も頻繁になっていった。
話が進むうちに彼もカラーズの創業仲間として加えよう!!ということになり一時期、共にカラーズとして活動していたのだった。
しかし様々な理由で間もなくして彼はカラーズを辞めることになった。

その後はお互い気まずい雰囲気もなく、今に至っては友達として近況報告などし合う仲である。

彼は彼女と待ち合わせをしていたらしく、しばらく話をした後別れた。

しばらくしてオーストラリア人の友達と創業仲間であり社長の内田が来た。

オーストラリア人の友達の名前はティム。

P1000052.jpg


ティムは日本に来たばかりで某英会話学校の教師をしている。
ティムとの出会いは渋谷ではなく、ニュージーランドの友達の紹介で知り合ったのがきっかけだった。
その後は何回か飲みに行ったりしている仲である。
ティムは携帯電話の機種変更をしに渋谷に来ていて、内田はそれに付き合っていた。
ティムは日本語が話せないので内田が通訳として同行していたのだった。

僕自身も少しの時間だけ同行してすぐハチ公に戻った。

そんな1日で今回は終わった。





 ▼2006/05/15 01:19
5月13日 小雨の降りしきる渋谷
5月13日は朝からずっと雨が降っていた。
結局連絡先をゲットできたのはたった1件のみだった。

毎回そうだが、雨天での外国人のメーリングリスト集めは格段に能率が悪くなる。
理由は幾つかあるが1番の理由は、みんなが傘をさしているので顔が見えないということだ。
外国人かそうでないかの判断が出来ないのだ。

こう書くと言い訳のようにとらえていまいがちだが、僕から言わせてもらえば、そう!ただの言い訳でしかない。

過程はどうであれ結果が1件のみだった。

前日に意気込んでいたぶん、今回の結果がリアルに情けなかった。





 ▼2006/05/13 11:18
5月12日 渋谷にて
2週間後にイベントが控えているということもあって気を引き締めて渋谷に立った。
今回、連絡先を教えてもらうことが出来たのは6件だった。

それでも最初の1時間くらいは話すら聞いてくれない状態が続いていた。

そんな状況を打破してくれた人に出会ったのはそれから間もなくしてからだった。
アメリカ人の男の人で名前はモートン。
日本語学校に通っているらしく、最初に僕が英語で話かけたら日本語で返事が返ってきた。

おかしな光景だった。

お互い初対面同士なのに日本人である僕が英語を使って、外国人である彼が日本語を使って会話をしていた。

P1000051.jpg


彼と別れてからは好調に連絡先をゲットし続けた。
もちろん断られたり、僕のことを無視して素通りして行ってしまう外国人は何人もいた。

そんな中、1人の外国人女性と出会った。
小柄で可愛いらしい彼女はイタリア人で日本語学校の生徒だった。
あと数ヶ月で学校を卒業し、それに伴いビザが切れてしまうらしい。

彼女は日本で仕事をするつもりらしく、また日本に帰ってくるとのことだったので連絡先を書いてもらうことにした。

いつも通り基本的な質問から始まり、その質問の延長で会話が弾んだりしている時、僕はふと気配を感じた。
数秒前からあるその気配は明らかに僕と彼女を見ている男の影だった。

何も言わずに、ただそばに立って僕に威圧をかけてきている。
僕は彼の顔を見ることが出来なかった。

おそらく彼は僕が彼女をナンパしていると勘違いしているのだろう。
確かに第3者から見ればナンパしていると思われてもしかたない光景だった。雑談は早々にすぐ立ち去ることにして、別れ際に待っている彼に一言挨拶しようと思い彼の顔を初めて見ると、ふてぶてしい顔つきでこちらの顔など見向きもしないので軽く会釈をして立ち去った。
僕と同じか、僕よりも若いであろう今どきの日本人の若者だった。

この活動をしていると、よくこのような気まずい雰囲気になるケースがある。

いつか話しかけている光景を見て、誤解した外国人の男に殴られるんじゃないかと少しびびったりもする。

そんな感じで夜までに6件の連絡先をゲットできた。

2週間後のイベントに来てくれる参加者を集める意味でもこの2週間は山場だろう。
















 ▼2006/05/09 05:38
ゴールデンウィーク明けの渋谷の夕方
5月8日 ゴールデンウィーク明け久しぶりに渋谷に立つ。

小雨も降っていたこともあって、いつもより外国人が少ないように感じた。

今日、連絡先をゲットできた外国人は2人のみ。

小柄のオーストラリア人の男性と背の高いアメリカ人の男性だった。

彼らはこのゴールデンウィークは仕事でどこにも出かけていないらしい。

僕も連休中は書類整理や事務作業ばかりだったので初対面ながら親しみがわいたような気がした。






プロフィール

みずかみ あつし

Author:みずかみ あつし
1982年12月生まれ 出身地 東京

06年01月に英語と外国人に関するビジネスで起業をし、仕事の一環として渋谷に立って外国人の連絡先を聞き出す行為を1年間続けてきました。

雨の日も風の日も、ほぼ毎日渋谷に立ち外国人たちと交流をしていく過程を記録していくことにしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。