東京で外国人にひたすら話しかける男
英語が達者なわけでもなく、他の外国語が話せるわけでもない。「日本語の使い方が間違っている」と言われることもしばしば、、そんな男が毎日渋谷に立って外国人に話しかけまくって1年以上。
 ▼--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ▼2006/05/19 01:24
5月18日 木曜の渋谷の外国人
渋谷は本当に外国人が多い。
都内で外国人が多い場所は六本木と広尾と渋谷が群を抜いてトップだろう。

場所によって外国人のタイプが違うが、渋谷は特に関東全域から集まってくるので話かける外国人によって住んでいる場所は様々だ。

今日は5件の連絡先をゲットした。
ニュージーランド人、オーストラリア人、ドイツ人、ターキー人、アメリカ人の5人だった。

中でも印象に残ったのはターキー人の男性だ。
1年以上もこの活動をしているが、ターキーという国の人に出会うのは初めてだった。
英語で会話をしていのだが母国語はターキー語といっていた。
イスタンブール地方の国らしい。
彼は日本語を勉強しているらしく、少しの日本語なら話せていた。
感じのよい彼とはまた逢う約束をして別れた。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント
初めてお邪魔いたします。毎日渋谷で外国人に声をかける…というのは、とても大変な事だと思います。特に今は梅雨時ですし…。(外国人にとっても、最悪の季節でしょうね) ところで、ターキーとは、日本語でいうトルコのことですよね。英語ではターキー(国)で正解なのですが、~人なら、トルコ人の方が分かりやすいかも…。おせっかいなコメントで失礼しました。今後の活動、応援しています!
【2006/05/19 14:42】 URL | 愛猫家 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック

プロフィール

みずかみ あつし

Author:みずかみ あつし
1982年12月生まれ 出身地 東京

06年01月に英語と外国人に関するビジネスで起業をし、仕事の一環として渋谷に立って外国人の連絡先を聞き出す行為を1年間続けてきました。

雨の日も風の日も、ほぼ毎日渋谷に立ち外国人たちと交流をしていく過程を記録していくことにしました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。